ハーバルラビットの効果を成分から徹底調査!

ハーバルラビットの効果を成分から調べてみた結果!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム(ハーバルラビット)にはどんな効果があるのでしょうか。デリケートゾーンの黒ずみがケアできると言われても、どんな成分が入っているか気になっている方も多いと思います。そこで、ハーバルラビットの効果を成分から徹底調査してみました。

 

ハーバルラビットの全成分

まずは、ハーバルラビットにどんなものが配合されているか全成分をチェックしていきましょう。

 

有効成分
グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス

 

その他の成分
3-O-エチルアスコルビン酸、ビサボロール、米糠抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、ヒアルロン酸Na-2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、濃グリセリン、トリメチルグリシン、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、キサンタンガム、ジメチコン、天然ビタミンE、BG、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、香料、精製水

 

有効成分について

ハーバルラビットの効果を知るうえで、重要なのが有効成分です。有効成分とは、厚生労働省から一定の効果が認められたものを言います。

 

有効成分を含む化粧品のことを「医薬部外品」と言い、ハーバルラビットはここに分類されます。医薬部外品は、化粧品と医薬品の中間的な存在で、普通の化粧品よりは効果が期待でき、医薬品のように強い作用はないので副作用の危険性も低いです。

 

それでは、ハーバルラビットに含まれる

 

  • グリチルリチン酸2K
  • 水溶性プラセンタエキス

 

の詳細を見ていきましょう。

 

グリチルリチン酸2Kの効果

漢方などに使われる甘草(カンゾウ)の根から抽出されるエキスから作られる成分です。抗炎症作用、抗アレルギー作用に優れており、皮膚の炎症を抑えて、ニキビなどの肌荒れを防ぎます。

 

黒ずみの原因の1つに、炎症によるメラニンの過剰生成があります。これは炎症性色素沈着とも言われており、炎症を抑えることで黒ずみができるのを防止します。

 

水溶性プラセンタエキスの効果

プラセンタとは英語で胎盤を意味しており、哺乳類の胎盤から抽出したエキスです。もともと赤ちゃんを育てるためのものなので、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど栄養素が豊富なのが特徴です。

 

新陳代謝を促進する作用があり、肌のターンオーバーを活性化させることで、黒ずみの元であるメラニンの排出を促します。また、皮膚の再生能力を高める成長因子(グロースファクター)が含まれており、コラーゲンやエラスチンなどを生成する線維芽細胞を活性化させることで、肌にハリや弾力を与えます。

 

その他の成分

その他にも、ハーバルラビットには注目すべき成分が含まれています。

 

3-O-エチルアスコルビン酸の効果

ビタミンC誘導体の一種です。そのままでは壊れやすいビタミンCを肌の角質層まで浸透しやすいように安定化させた成分です。

 

ビタミンC誘導体には、プラセンタと同様のターンオーバー促進以外にも、メラニン色素を無色化する還元作用があります。そのため、黒ずみのケアに最適です。また、メラニンの元であるチロシンを黒くするチロシナーゼ酵素を阻害する働きもあるので、メラニン生成を抑制して、シミ、そばかすなどを防ぐ効果も期待できます。

 

まとめ

ハーバルラビットの効果を成分から調査してみると、

 

  • 抗炎症
  • メラニン排出、抑制、無色化
  • ターンオーバー促進
  • 皮膚の再生能力活性化

 

など、デリケートゾーンの黒ずみにはもちろん、肌に嬉しい成分が含まれていることが分かりました。ハーバルラビットにはどんな効果が?と思っていた方は参考にしてみてくださいね。

 

ハーバルラビットの解約方法など購入前の注意点は下記を要チェック!

>>【必見】ハーバルラビットの解約で購入前のトラブル回避方法


関連ページ

ハーバルラビットは口コミで評判?アットコスメなどをチェック!
ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム(ハーバルラビット)は口コミで評判?ハーバルラビットをアットコスメなど口コミ調査!